コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッテンオオメイガ イッテンオオメイガ Schoenobius incertulas

2件 の用語解説(イッテンオオメイガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッテンオオメイガ
イッテンオオメイガ
Schoenobius incertulas

鱗翅目メイガ科。サンカメイガともいう。前翅長9~13mm。体は淡褐色で翅は細長い。雄では,前翅は灰褐色で翅の先端から後縁中央に伸びる暗色の斜線があり,斜線中央より内側に1小黒点があり,外縁に小黒点が並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッテンオオメイガ
いってんおおめいが / 一点大螟蛾
[学]Scirpophaga incertulas

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。日本、台湾、中国からマレーシア、インド、アフガニスタンにかけて分布し、熱帯や亜熱帯地域における稲作の大害虫である。年3回(一部の地方では2回)発生するので、サンカメイガ(三化螟蛾)あるいはサンカメイチュウ(三化螟虫)ともよばれている。はねの開張20~25ミリメートル。雄は前翅が藁(わら)色で、小黒点と斜線がある。雌は前翅がクリーム色で、黒点は雄より大きい。幼虫はイネや陸稲の茎に食入し、大きな被害を与える。冬は刈り株の中で老熟幼虫態で過ごす。気温の低極が零下3.5℃以南に分布するので、日本では本州の南西部、四国、九州およびそれより南の島々で発生する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイッテンオオメイガの言及

【サンカメイガ(三化螟蛾)】より

…後翅も雄は暗色で,雌は黄白色。幼虫はイネの茎に食入し加害する大害虫で,年に3回(一部の地域では2回)発生するのでサンカメイチュウ(三化螟虫)とも呼ばれ,成虫は前翅に1個の黒紋のあるところからイッテンオオメイガとも呼ばれている。このガはオオメイガ亜科に属するところから,この名をもつのであって,とくに大型であるわけではない。…

※「イッテンオオメイガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イッテンオオメイガの関連キーワード三化螟蛾三化螟虫螟蛾一点大螟蛾髄虫ズイムシサンカメイガ(三化螟蛾)ニカメイガ(二化螟蛾)メイガ(螟蛾)モモノメイガ(桃野螟蛾)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone