コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッテンオオメイガ イッテンオオメイガSchoenobius incertulas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッテンオオメイガ
Schoenobius incertulas

鱗翅目メイガ科。サンカメイガともいう。前翅長9~13mm。体は淡褐色で翅は細長い。雄では,前翅は灰褐色で翅の先端から後縁中央に伸びる暗色の斜線があり,斜線中央より内側に1小黒点があり,外縁に小黒点が並ぶ。後翅は褐色を帯びた白色である。雌では,前翅は黄色で中央に1小黒点があり,後翅は白色。触角は糸状で雄では短い。幼虫はイネの大害虫として知られ,年3回発生することからサンカメイチュウとも呼ばれる。一般に冬の最低気温が-3.5℃以上の地域にみられ,本州南部,四国,九州,南西諸島,台湾,中国,その他熱・亜熱帯に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッテンオオメイガ
いってんおおめいが / 一点大螟蛾
[学]Scirpophaga incertulas

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。日本、台湾、中国からマレーシア、インド、アフガニスタンにかけて分布し、熱帯や亜熱帯地域における稲作の大害虫である。年3回(一部の地方では2回)発生するので、サンカメイガ(三化螟蛾)あるいはサンカメイチュウ(三化螟虫)ともよばれている。はねの開張20~25ミリメートル。雄は前翅が藁(わら)色で、小黒点と斜線がある。雌は前翅がクリーム色で、黒点は雄より大きい。幼虫はイネや陸稲の茎に食入し、大きな被害を与える。冬は刈り株の中で老熟幼虫態で過ごす。気温の低極が零下3.5℃以南に分布するので、日本では本州の南西部、四国、九州およびそれより南の島々で発生する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイッテンオオメイガの言及

【サンカメイガ(三化螟蛾)】より

…後翅も雄は暗色で,雌は黄白色。幼虫はイネの茎に食入し加害する大害虫で,年に3回(一部の地域では2回)発生するのでサンカメイチュウ(三化螟虫)とも呼ばれ,成虫は前翅に1個の黒紋のあるところからイッテンオオメイガとも呼ばれている。このガはオオメイガ亜科に属するところから,この名をもつのであって,とくに大型であるわけではない。…

※「イッテンオオメイガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone