イットリウム鉄ガーネット(読み)イットリウムてつガーネット(英語表記)Yttrium Iron Garnet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イットリウム鉄ガーネット
イットリウムてつガーネット
Yttrium Iron Garnet

Y3Fe5O12 で表される組成をもつ代表的な磁性化合物。立方晶系ガーネット型構造をもつ結晶で,フェリ磁性を示す。通常 YIGと呼ばれ,マイクロ波用磁性材料として用いられる。この赤褐色結晶は磁気光学効果を示し,磁気共鳴現象では共鳴磁界の半値幅がきわめて狭い。このような特徴をいかして,光を一方向にしか通さない光アイソレータ isolatorやマイクロ波を一定方向に導くサーキュレータ circulatorなどの各種マイクロ波用非可逆回路素子として利用される。また YIGは低減衰率で静磁波,スピン波,磁気弾性波,磁気表面波などを励振伝搬させることができるため,その伝搬速度が遅いことを利用した超小型の遅延素子材料として,またマイクロ波信号処理装置用材料としての可能性が注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android