コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトラン

2件 の用語解説(イトランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イトラン

ユッカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトラン
いとらん / 糸蘭
[学]Yucca filamentosa L.

リュウゼツラン科の常緑多年草。茎はほとんどなく、短い根茎が肥厚して横にはう。葉は叢生(そうせい)し、長剣状で細く、長さ30~45センチメートル、幅2~3センチメートル、しなやかで上半部が垂れ、粉白緑色である。縁(へり)から白い糸となって繊維がほぐれ出るので、この名がある。6~7月ごろ、高さ1~2メートルの花茎に円錐(えんすい)花序をつけ、長さ約4センチメートルの6弁の白色花が下向きに開く。北アメリカ南部原産で、関東地方以南で庭園に植える。繁殖は株分けによる。品種のフイリイトランは、葉に黄色の条線が入る。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイトランの言及

【ユッカ】より

…開花期は夏~秋で,開花期間は長い。イトランY.filamentosa L.(英名Adam’s‐needle,needle palm,silk grass)は茎が短く,柔らかい粉白緑色の葉を叢生(そうせい)する。長さ1~2mの花茎を直立し,白色鐘状花を100花以上も着ける。…

※「イトラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトランの関連情報