コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバラモ科 イバラモかNajadaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバラモ科
イバラモか
Najadaceae

単子葉植物イバラモ目の1科。1属約 50種を含み,淡水中に生じる。一年草で全草が水中に沈み,細い茎に細い線状の葉を対生または輪生する (→葉序 ) 。葉縁には細鋸歯が並び,葉の基部は鞘となって茎を抱く。花は雌雄別々の単性花で,雄花は花被がなく,ただ1本のおしべがあって膜質の包に包まれる。雌花も花被をもたず子房が裸出し,熟すと長楕円形の果実となる。日本にはイバラモトリゲモなどが各地の池沼に生える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバラモ科
いばらもか
[学]Najadaceae

単子葉植物。イバラモ属1属約35種を含む一年生水草。淡水または汽水性の沈水生で、花粉は水中媒である。茎はもろくて折れやすい。葉は線形で縁(へり)に著しく鋸歯(きょし)があり、対生または輪生する。花は単性花で1個が腋生(えきせい)、花被(かひ)は透明で鞘状(しょうじょう)。雄花は雄しべ1本、葯(やく)は1~4室、雌花は雌しべ1本、花柱は2~4本で線形。果実は痩果(そうか)状、果皮は薄く半透明。種子は1個でき、表面に網目模様がみられる。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イバラモ科の関連キーワードトリゲモ(鳥毛藻)イバラモ(茨藻)武蔵藻払子藻鳥毛藻茨藻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android