コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバラモ科 イバラモか Najadaceae

2件 の用語解説(イバラモ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバラモ科
イバラモか
Najadaceae

単子葉植物イバラモ目の1科。1属約 50種を含み,淡水中に生じる。一年草で全草が水中に沈み,細い茎に細い線状の葉を対生または輪生する (→葉序 ) 。葉縁には細鋸歯が並び,葉の基部は鞘となって茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバラモ科
いばらもか
[学]Najadaceae

単子葉植物。イバラモ属1属約35種を含む一年生水草。淡水または汽水性の沈水生で、花粉は水中媒である。茎はもろくて折れやすい。葉は線形で縁(へり)に著しく鋸歯(きょし)があり、対生または輪生する。花は単性花で1個が腋生(えきせい)、花被(かひ)は透明で鞘状(しょうじょう)。雄花は雄しべ1本、葯(やく)は1~4室、雌花は雌しべ1本、花柱は2~4本で線形。果実は痩果(そうか)状、果皮は薄く半透明。種子は1個でき、表面に網目模様がみられる。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イバラモ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物平行脈ラン(蘭)外種皮禾本科鬚根網状脈単子葉類ヤシ(椰子)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone