コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキボウフウ Seseli ugoensis Koidz.

2件 の用語解説(イブキボウフウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブキボウフウ【Seseli ugoensis Koidz.】

山野の草地に生えるセリ科の多年草イラスト)。和名は滋賀県伊吹山に多いところからつけられた。茎は高さ40~90cm,稜角があり,上部では多く枝を出す。葉は細かく羽状に2~3回分裂し,変化が多い。花は小さく,白色で,5枚の花弁があり,8~9月ごろ,枝先に複散形花序を作って,密に多数つく。果実は卵円形で長さ約3mm,熟すと二つに分かれて中央の軸の先にぶらさがり,やがて風に飛ばされて落ちる。果実の表面には密に細かい毛が生えているのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキボウフウ
いぶきぼうふう / 伊吹防風
[学]Libanotis coreana (Wolff) Kitag.

セリ科の多年草。地下茎は太い。茎は高さ30~120センチメートル、上部で枝分れする。葉は2~3回羽状複葉、小葉は細かく切れ込む。茎や葉に白色の毛が生える。8~9月、径約5センチメートルの小形の複散形花序に白色花を開く。果実は卵形で、3本の稜線(りょうせん)があり、毛がある。近畿地方以北の本州、北海道の山地の草原に生え、朝鮮に分布する。中国産の薬用植物ボウフウに似て、滋賀県伊吹山に生えることからこの名がある。かつてボウフウの代用として感冒薬の処方に用いられたことがある。海岸には葉が厚い品種ハマイブキボウフウが生育する。イブキボウフウ属はユーラシアに15種分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブキボウフウの関連キーワード伊吹防風馬の三つ葉延齢草草藤水蘭花独活蛍柴胡野竹藪人参ヤマユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone