コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブレア イブレア Ivrea

2件 の用語解説(イブレアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブレア
イブレア
Ivrea

イタリア北西部,ピエモンテ州トリノ県の町。トリノ北北東約 50kmに位置する。金鉱があったため前 143年,ローマがサラッシ人から奪取,中世にはランゴバルド領に併合,1313年サボイア領となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イブレア【Ivrea】

イタリア北部,ピエモンテ州トリノ県の都市。人口2万7694(1981)。アルプス南麓にあり,その起源はローマ時代にさかのぼるが,20世紀初めにオリベッティ社が設立されてから急速に工業化,都市化が進み,人口も急増した。多様な工業が集中している今日も同社との関係は深く,その社員住宅や厚生施設等は,この市の都市計画を主導する形で建設され,企業と地域社会の関係のひとつのモデルを提示している。【萩原 愛一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブレアの関連キーワードサボナトリノノバラカステッロ広場トリノ大聖堂バレンティーノ公園ピエモンテモーレ・アントネッリアーナネッビオーロピエモンテ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イブレアの関連情報