コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イベリア語 イベリアご

百科事典マイペディアの解説

イベリア語【イベリアご】

イベリア半島南部から東部にかけて出土する碑文に刻まれた言語。原初イベリア語とも。解読は不能。バスク語との関連も指摘されているが,推測の域を出ない。この半島にはラテン語が浸透する前にケルト語,さらに前には非インド・ヨーロッパ語族がいて,北アフリカ,地中海文化に接していたため,それら先住民族または北アフリカからの移住者の言語と推定される。
→関連項目スペイン語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イベリアご【イベリア語 Iberian】

ギリシア文字とフェニキア文字の組合せからなるイベリア文字で綴られた碑文・壺,貨幣などに刻まれた言語。イベリア半島の南部から東部にかけて広く出土し,年代は紀元前より後数世紀と推定される。その言語の正確な意味は不明。固有名詞と思われる形から,バスク語との関係が想定されているが,可能性の域を出ない。この半島にインド・ヨーロッパ語族が侵入する以前の先住民族の言語か,北アフリカからの移住者の言語と推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イベリア語の関連キーワードスペイン史ケルト語派グルジア語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android