コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマ イマ Yima

2件 の用語解説(イマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イマ
イマ
Yima

古代ペルシアの神話に現れる人類の始祖。双子の妹イメーと対をなし,インド神話のヤマと妹ヤミーに対応する。ビババントがハオマの木をしぼる仕事の報酬として得た息子。老いや死のない黄金時代の支配者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イマ
いま
Yima

古代ペルシア神話における王。インド神話におけるヤマに対応する。中世ペルシア語文献および近世ペルシア語民族叙事詩シャー・ナーメ』(王書)においては、ジャムシードの名で現れる。ゾロアスター教聖典『アベスタ』では、イマ・クシャエータ(輝けるイマ)と表現されているように太陽王と考えられていたが、インド神話ではヤマは死者の世界の支配者として描かれ、仏教における閻魔(えんま)につながる。イマは約600~700年在位したとされ、その治世中に不老不死、不寒不暑の黄金時代を築き、神からの栄光で人類、悪魔、妖精(ようせい)までも支配した。しかし聖典によると、晩年には人間に牡牛(おうし)の肉を食べさせたため、また叙事詩によれば、尊大になって神を崇(あが)めず、自らを創造主とよばせようとしたために神の栄光が消え去り、100年間の放浪のすえ、ついに悪神アフリマンの命令で鋸(のこぎり)によって切断された。また叙事詩では、魔王ザッハークによって殺されたという。今日、ペルセポリスはタフテ・ジャムシード(ジャムシードの王座)とよばれてイマの偉業が伝えられ、イランの新年(ノウルーズ)(春分の日)は彼によって始められたと信じられている。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イマの関連キーワードイラン語派ペルシア語ペルシア美術救いの神イラン語ハルシャペルシア革ペルシア猫古代ペルシア語《ポリネシアの神話》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イマの関連情報