イムノアッセイ

化学辞典 第2版「イムノアッセイ」の解説

イムノアッセイ
イムノアッセイ
immunoassay

抗体を用いる定量法の総称.抗体は特異性が高く,かつ,莢雑物の存在下でも目的とする物質(抗原)を高感度で検出できるので,微量の生体成分の定量に適している.まず抗体を入手する必要があるが,それには抗原をマウスに注射し,単クローン抗体を作製する場合とウサギに注射してポリクローナル抗体(抗血清)を得る場合がある.ペプチドサイクリックAMPなどの低分子で,それのみでは抗体ができない場合は,それらの分子を大きなタンパク質に架橋して高分子としたうえで,マウスやウサギに注射する.低分子部分はハプテンとよばれる.[別用語参照]ラジオイムノアッセイELISA(エライサ)

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「イムノアッセイ」の解説

イムノアッセイ

免疫反応を利用して,微量物質の検出・定量を行う生化学的手法。免疫検定,免疫定量とも。ふつう検出すべき物質を抗原とする抗体をつくり,抗原抗体反応の高い特異性を利用する。放射性同位元素で標識した抗体または抗原を検出に用いるラジオイムノアッセイ,酵素反応を併用するエンザイムイムノアッセイ,蛍光体を使う蛍光イムノアッセイなどがある。微量生体物質の分離や生体組織内の分布などを調べる基礎研究に用いられるほか,血中微量成分の臨床化学検査などにも用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android