コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イョーテボリ Göteborg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イョーテボリ
いょーてぼり
Gteborg

スウェーデン南部、イョータランド地方西部の港湾・工業都市。人口は47万1267(2001)で、スウェーデン第二の都市。イョータ川の河口に位置し、カテガット海峡により大西洋に通じる不凍港である。湾外に多島海を配し、風光明媚(めいび)であるが、軍港としても絶好の地である。港は約13キロメートルの岸壁を有し、スウェーデン第一の輸出入港および漁港である。ボルボの自動車工場、造船所をはじめ、約900の大企業と海運会社がある。地方行政の中心地でもあり、地方控訴院がある。「若者の都市」とよばれるほど各種の教育機関を備え、総合大学のほか、チャルマシ工大、シャーグレンスカ医大、芸大、船員大などがあり、ウッレビー競技場、北欧一の室内競技場スカンジナビュームをもつ。イョータ広場、城址(じょうし)公園を中心に、美術館、博物館、劇場が並び、また大遊技場リーセベリィがある。
 中世期より商業地として知られ、1473年に旧市街が建設され、イョータホルムGtaholmとよばれた。1603年カール4世により、要塞(ようさい)「イョーテボリ」がヒーシンゲ地区に築かれ、1619年にはグスタフ2世アドルフにより、現市街が建設されてスウェーデン西部の経済、行政の中心となった。1731年スウェーデン東インド会社設立をまって貿易港となり、1800年代後半のイョータ運河開通により、鉄材、木材の輸出量を増し、20世紀に入ると鉄道の敷設、自動車交通の発達により飛躍的発展をみせた。ヨーロッパでも数少ない市内電車があり、スウェーデン最長の吊(つり)橋エルブスボリ橋がある。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イョーテボリの関連キーワードシュミット(Bernhard Voldemar Schmidt)チェンバーズ(Sir William Chambers)リンダール(Erik Robert Lindahl)リンダール(Tomas Lindahl)バールー‐シューバールE.R. リンダールフレゼリクスハウン世界のおもな博物館世界のおもな植物園ストックホルムトゥホルスキーティセリウスイョータ運河カールグレンエーテボリカールソンボローススメタナシェーレ都市交通

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android