コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イョーテボリ イョーテボリ Göteborg

2件 の用語解説(イョーテボリの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イョーテボリ(Göteborg)

イェーテボリ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イョーテボリ
いょーてぼり
Gteborg

スウェーデン南部、イョータランド地方西部の港湾・工業都市。人口は47万1267(2001)で、スウェーデン第二の都市。イョータ川の河口に位置し、カテガット海峡により大西洋に通じる不凍港である。湾外に多島海を配し、風光明媚(めいび)であるが、軍港としても絶好の地である。港は約13キロメートルの岸壁を有し、スウェーデン第一の輸出入港および漁港である。ボルボの自動車工場、造船所をはじめ、約900の大企業と海運会社がある。地方行政の中心地でもあり、地方控訴院がある。「若者の都市」とよばれるほど各種の教育機関を備え、総合大学のほか、チャルマシ工大、シャーグレンスカ医大、芸大、船員大などがあり、ウッレビー競技場、北欧一の室内競技場スカンジナビュームをもつ。イョータ広場、城址(じょうし)公園を中心に、美術館、博物館、劇場が並び、また大遊技場リーセベリィがある。
 中世期より商業地として知られ、1473年に旧市街が建設され、イョータホルムGtaholmとよばれた。1603年カール4世により、要塞(ようさい)「イョーテボリ」がヒーシンゲ地区に築かれ、1619年にはグスタフ2世アドルフにより、現市街が建設されてスウェーデン西部の経済、行政の中心となった。1731年スウェーデン東インド会社設立をまって貿易港となり、1800年代後半のイョータ運河開通により、鉄材、木材の輸出量を増し、20世紀に入ると鉄道の敷設、自動車交通の発達により飛躍的発展をみせた。ヨーロッパでも数少ない市内電車があり、スウェーデン最長の吊(つり)橋エルブスボリ橋がある。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イョーテボリの関連キーワードイェーテボリエーテボリイェール大学手掘りイェータ広場サモイェード縦堀手彫マルメヨーテボリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone