コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラス火山 イラスかざんVolcán Irazú

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラス火山
イラスかざん
Volcán Irazú

コスタリカ中部にある火山。首都サンホセの東約 25km,セントラル山脈最高峰で,標高 3432m。山頂からは北のカリブ海と南の太平洋眺望南麓カルタゴから火口まで舗装道路が通じるため,大衆的な観光地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラス火山
いらすかざん
Volcn Iraz

中央アメリカ、コスタリカにある安山岩質の複式火山。標高3432メートル。環太平洋火山帯の一部をなす中央アメリカの代表的活火山である。スペインがこの地方を征服した16世紀にも、ときどき爆発したと伝えられ、1723年以降の諸噴火は明確な記録が残されている。1963~65年に爆発活動がとくに激化し、降灰砂により、西方の首都サン・ホセなどに惨害を与えた。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イラス火山の関連キーワードカルタゴ(コスタリカ)諏訪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android