コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロパンゴ湖 イロパンゴこLago de Ilopango

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロパンゴ湖
イロパンゴこ
Lago de Ilopango

エルサルバドル中部にある湖。首都サンサルバドルの東約 10kmの高原に位置し,湖面標高 442m。面積約 100km2。古い火山の火口原にできた内陸湖であるが,1880年水位が上昇したため東岸から湖水が流れ出てヒボア川を形成。その結果同川による排水で水位が低下,湖中に高さ約 45mの火山島が出現。 1928年排水が停止し,再び水位が上昇して湖岸の家などが破壊された。現在大衆的な観光地となっており,首都その他からの行楽客が多い。近くに国際空港がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イロパンゴ湖の関連キーワードサン・サルバドルエルサルバドルコフテペケ