イロパンゴ湖(読み)イロパンゴこ(英語表記)Lago de Ilopango

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロパンゴ湖
イロパンゴこ
Lago de Ilopango

エルサルバドル中部にある湖。首都サンサルバドルの東約 10kmの高原に位置し,湖面標高 442m。面積約 100km2。古い火山の火口原にできた内陸湖であるが,1880年水位が上昇したため東岸から湖水が流れ出てヒボア川を形成。その結果同川による排水で水位が低下,湖中に高さ約 45mの火山島が出現。 1928年排水が停止し,再び水位が上昇して湖岸の家などが破壊された。現在大衆的な観光地となっており,首都その他からの行楽客が多い。近くに国際空港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イロパンゴ‐こ【イロパンゴ湖】

Lago de Ilopango》中央アメリカ、エルサルバドル中西部にある湖。首都サンサルバドルの東約10キロメートルの高原に位置するカルデラ湖で、同国で2番目に大きい。景勝地として知られ、観光客が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android