コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワウメ科 イワウメかDiapensiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワウメ科
イワウメか
Diapensiaceae

双子葉植物イワウメ目の1科。北半球の周極地方と高山帯に分布し,典型的な極地高山要素とされる。ユーラシア北アメリカ大陸に7属約 20種があり,いずれも小型の低木状で常緑。根葉ロゼットをつくる。は短い花茎上に単生または数個がつき,5弁,5萼片。花冠の基部は浅く癒合する。おしべは5または 10本で (やく) は縦に開裂する。果実は3~5室で中軸胎座,蒴果となる。イワウメDiapensia,イワカガミ属 Shortiaなど,代表的な高山植物がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワウメ科
いわうめか
[学]Diapensiaceae

双子葉植物、合弁花類。草状の小低木。茎は細く地をはい、常緑の厚い葉をつける。花は両性で放射相称。合弁花冠は先が5裂し、雄しべは5本ときに5個の仮雄蕊(かゆうずい)がある。子房は3室で多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)。北半球の温帯から寒帯にかけて分布する。6属20種があり、寒帯性のイワウメのほかはすべて北アメリカと東アジアの温帯にある。日本にはイワウメ属、イワウチワ属、イワカガミ属の3属6種が分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワウメ科の関連キーワードイワウチワ(岩団扇)イワカガミ(岩鏡)イワウメ(岩梅)ヤマイワカガミヒメイワカガミマンガン尖晶石イワウチワイワカガミガラクス愛宕酸漿助六一薬大和団扇小岩鏡姫岩鏡山岩鏡吹詰草岩団扇大岩鏡山崎岩鏡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android