コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワデンダ Woodsia polystichoides Eaton

2件 の用語解説(イワデンダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワデンダ【Woodsia polystichoides Eaton】

岩上に生じる中型のシダで,和名もそれに由来する(イラスト)。デンダは連朶(れんだ)ともいい,シダの古い名の一つ。茎は短く斜上または直立し,葉を叢生(そうせい)する。葉柄は5~10cm,中軸と共に小さい鱗片と毛をつける。葉柄の頂端に関節があり,葉は秋にここから外れて落ちる。葉の全長は15~40cm,葉身は線状披針形,単羽状複葉である。羽片は直角に開出し,長楕円形で上側の基部は耳状に突き出ている。表裏面に毛があり,裏面には毛状鱗片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワデンダ
いわでんだ / 岩連朶
[学]Woodsia polystichoides Eaton

オシダ科の夏緑性シダ。直立した塊状の根茎から、1回羽状に分裂した、長さ20~40センチメートルの線状披針(ひしん)形の葉を数多く束生する。全体に毛をまばらにつける。羽片は中軸からほぼ直角に出て、長楕円(ちょうだえん)状、基部の上側に耳状(じじょう)突起がある。椀(わん)形の包膜をもった小円形の胞子嚢(ほうしのう)群を両縁の近くにつける。本州中部以北の深山の岩石上に好んで生育する。デンダは連朶(れんだ)ともいい、シダの古名の一つ。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワデンダの関連キーワード生じるそれに肌で感じるビロード羊歯溝羊歯岩連朶蜘蛛の巣羊歯高野苔忍袋羊歯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone