コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インティ inti

世界大百科事典 第2版の解説

インティ【inti】

ケチュア語で太陽の意味。インカ族(インカ文明)の宗教では,万物は創造神ビラコチャによってつくられ,太陽もまたこの神が創造したと説明される。その太陽は,インカ族の祖先でもあり,インカ族の首長すなわちインカ帝国の皇帝は太陽の子であった。インカ帝国は,中央アンデスの諸民族を征服したのちに,国家統合の方法として,インカ族の宗教の普及を図り,各地に太陽の神殿を建設し,神殿の土地と家畜の管理を人民の義務とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インティの関連キーワードステイリッシャー・ラフヘアード・マウンテン・ハウンドスティック型ポインティングデバイスタカラモノ~この声がなくなるまで~ありったけのLove SongジャングルTV~タモリの法則~フランチェスコ クレメンテトランスアバンギャルディアポインティング・ベクトルポインティングスティックCosmic Loveイタリアン・スピノーネブラッコ・イタリアーノインティメートアパレルしあわせになるためにスーパーグラフィックグラフィティアートThinkPadいいいろ塗装の日インティファーダ岸和田少年愚連隊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android