コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド商務院 インドしょうむいんCasa de Índia

世界大百科事典 第2版の解説

インドしょうむいん【インド商務院 Casa de Índia】

16世紀以降ポルトガルの海外交易を統轄した中枢機関。15世紀の西アフリカ沿岸進出に伴って設けられた商取引機関に起源をもち,最初〈ギニア・ミナ商務院〉と呼ばれたが,バスコ・ダ・ガマによって東洋の香料交易が開かれると,1503年から〈インド・ミナ商務院〉,たんに〈インド商務院〉という名称が現れる。すでに国王はアフリカの金取引を独占していたが,06年には東洋の香料交易をも国王独占とし,海外領の通商はすべてリスボンのインド商務院を通じて行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インド商務院の関連キーワードインド・ミナ商務院ギニア・ミナ商務院バスコ・ダ・ガマ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android