コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド映画 インドえいが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド映画
インドえいが

インドの映画産業は,1913年ダンディラジ・ゴビンド・ファルケ制作の『ラジャ・ハリシュチャンドラ』に始る。 31年インド映画がトーキー化すると,音楽と舞踊の要素が取入れられ,ヒンディー語やベンガル語などの異なった言語によって細分化された。 47年のインド独立後は,大スター,ラージ・カプール制作・監督の『放浪者』 (1951) に代表されるスペクタクル映画が主流を占める。しかし,55年ミュージカル的要素を排したサタジット・レイの『大地のうた』が国際的な成功を収めてからは,ムリナール・センやリッティック・ゴトクなど作家性の強い監督が現れ,インド映画も多様化しはじめた。現在インドは世界最大の映画制作国であり,年間約 800本の映画が制作され,国民の娯楽の王座を守っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドえいが【インド映画】

インドの映画産業は全盛期にあった1930年代のハリウッドを思わせる繁栄ぶりで,第2次世界大戦中は,イギリスの参戦により戦争協力映画にしか生フィルムが供給されないという制約を受けたが,終戦およびそれに続く47年の独立以後は,衰えることを知らぬ成長を続け,71年以来世界最多となった製作本数は今なお増加の一途をたどっている(1971年に432本。80年には742本)。1万0813館に及ぶ映画館(うち常設館が6667で,あとは移動映画館)には毎週6500万人が詰めかけ(1980年度統計),映画産業はインドの十大産業の一つに数えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド映画
いんどえいが

インドへの映画の渡来は1896年とされている。その年リュミエール兄弟の助手マリウス・セスターがボンベイ(現ムンバイ)にシネマトグラフを持ち込み、7月7日同市のワトソンズ・ホテルで上映した。インドで初の映画公開である。翌年から記録映画の製作が始まったが、最初の劇映画は1913年公開の『ハリシュチャンドラ王』Raja Harishchandraであった。これを監督したファールケーDhundiraj Govind Phalke(通称Dadasaheb Phalke、1870―1944)は印刷業者だったが、イギリスに赴いて映画製作を学び、帰国してこれを手始めに製作を重ね「インド映画の父」とよばれた。
 1920年代に入ると、ボンベイの年間製作43本をトップに、マドラス(現チェンナイ)、カルカッタ(現コルカタ)、バンガロールなど言語地域ごとに撮影所が設けられ製作が始まった。映画館も急増し、25年には全国で251館に達した。31年トーキー時代に入ると多言語問題に直面した。地域ごとに異なる10以上の言語のために、映画はそれぞれの言語で上映地域が限られてしまったからである。以後インドでは、言語別に映画が製作されるようになる。
 インド映画は大別して2種類のタイプに分けられる。一つは劇中に6回ないし8回ほど歌や踊りのシーンが挿入され、そのつどドラマの進行が中断される。古くから今日でも地方でみられる伝統演劇の型を踏むもので、最初のトーキー『アーラム・アーラー』Alam Ara(1931)も、初のカラー映画『アーン』Aan(1952)もそうであったように、娯楽映画の基本的なスタイルである。ほかの一つは歌も踊りもなく、リアルに物語を語るもので、主義主張をもって社会問題を扱うような場合が多い。
 イギリスの広告会社に勤めていたサタジット・ライSatyajit Ray(英語読みでレイとも)は、『河』(1951)のインド・ロケにきたジャン・ルノワール監督に会い、励まされて映画製作を志し、『大地のうた』Pather Panchali(1955)を第一部とする「オプー」三部作Apu Trilogyをつくった。この第一部はカンヌ国際映画祭特別賞などを、第二部『大河のうた』Aparajito(1956)はベネチア国際映画祭グランプリなどを受賞し、一躍第一線に躍り出た。彼の映画には詩的リアリズムともいうべき独特の美的様式があった。ライはその後も『大都会』Mahanagar(1963)、『遠い雷鳴』Ashani Sanket(1973)、『チェスをする人』Shatranj Ke Khilari(1977)などで新しいインド映画をリードしたが、『見知らぬ人』Agantuk(1991)を最後に1992年に没した。また、ライ監督と並ぶ詩的作家とみなされたケララ地方のアラビンダンG. Aravindan(1935―91)も『サーカス』Thampu(1978)、『魔法使いのおじいさん』Kummatty(1979)、『追われた人々』Vasthuhara(1990)などを残して1991年没した。インド映画にとってこの時期は、まるで世代交代期のようにみえた。[登川直樹・松岡環]

インド映画における言語問題と地域別特徴

地域によって通用する言語が異なるインドの場合、映画の言語の問題は大きい。使われる地域が広いほど、その言語の映画は広い上映地域をもつが、言語によって使われる地域の広さに極端な差があり、映画の製作本数も大きく異なる。1999年の統計によれば、その年製作されたインド映画全体の764本のうち、もっとも多いヒンディー語映画が166本、タミル語153本、テルグ語132本、カンナダ語87本、マラヤーラム語76本、ベンガル語51本と、以上6言語の映画で全体の87%を占めていて、残りの13%がマラーティー語、グジャラート語、オーリヤー語など十数言語の映画であり、年によって製作1本またはゼロという言語も少なくない。このうち最多のヒンディー語映画は、ムンバイ(旧称ボンベイから、ハリウッドをもじった「ボリウッド」の名でもよばれる)に拠点を置く多くの撮影所でつくられ、歌と踊りを取り混ぜた娯楽映画が大部分で、上映される地域もインド全土に及んでいる。またコルカタを拠点とするベンガル語映画は、映画監督サタジット・ライの地元でもあり、リアルに物語を語る映画が多い。一方、南部4言語(タミル、テルグ、カンナダ、マラヤーラム)の地域の製作本数が多いのは、1970年代後半、タミル語やテルグ語地域で映画スター出身の州首相が誕生し、映画振興に力を注いだ結果、製作本数が一挙に増加したことによる。言語相互間で吹き替え版がつくられるのも製作本数の増加につながっており、現在はヒンディー語映画と肩を並べ、ダイナミックな歌と踊りのシーンを盛り込んだ娯楽映画を量産している。[登川直樹・松岡環]

言語別のおもな映画作品

言語別に映画製作地域のめぼしい監督、作品を展望すると、以下のようなものがあげられる。
(1)もっとも活発なムンバイを拠点とするヒンディー語映画では、シャーム・ベネガルShyam Benegal(1934― )の『芽ばえ』Ankur(1973)、『ミュージカル女優』Bhumika(1976)、シェーカル・カプールShekhar Kapur(1945― )の『女盗賊プーラン』Bandit Queen(1994)、ラーム・ゴーパール・バルマーRam Gopal Varma(1961― )の『サティヤ』Satya(1998)、サンジャイ・リーラー・バンサーリーSanjay Leela Bhansari(1964― )の『ミモラ』Hum Dil De Chuke Sanam(1999)など。
(2)チェンナイを拠点とするタミル語映画では、マニラトナムMani Ratnam(1956― )の『ロージャ』Roja(1992)、『ボンベイ』Bombay(1995)、サントーシュ・シバンSantosh Sivan(1962または1963― )の『マッリの種』The Terrorist(1998)、K・S・ラビクマールRavikumar(1958― )の『ムトゥ 踊るマハラジャ』Muthu(1995)、シャンカルShankarの『ジーンズ 世界は2人のために』Jeans(1998)など。
(3)トリバンドラムを拠点とするマラヤーラム語映画では、アドゥール・ゴーパーラクリシュナンAdoor Gopalakrishnan(1941― )の『マン・オブ・ザ・ストーリー』Kathapurushan(1995)、ジャヤラージJayaraajの『神の戯れ』Kaliyattam(1997)、ムラリ・ナイールMurali Nair(1966― )の『マラナ・シムハサナム』Marana Simhasanam(1999)など。
(4)ハイデラバードのテルグ語映画では、ダサリ・ナーラーヤナラーオDasari Narayana Rao(1947― )の『おーい、ラームランマ』Osay Raamuraamma(1997)など。
(5)バンガロールのカンナダ語映画では、ギリーシュ・カサラバッリGirish Kasaravalli(1949― )の『家』Mane(1989)など。
(6)コルカタのベンガル語映画では、ムリナール・セーンMrinal Sen(1923― )の『内なる世界 外なる世界』Antareen(1993)、ブッダデーブ・ダスグプタBuddhadeb Dasgupta(1944― )の『レスラー』Uttara(2000)、アパルナ・セーンAparna Sen(1945― )の『パロミタ』Paromitar Ek Din(1999)などがあげられる。[登川直樹・松岡環]

インド映画の現状

1998年(平成10)、日本に突然上陸といった感じで公開された『ムトゥ 踊るマハラジャ』はタミル語映画で、インド娯楽映画の典型だが、『大地のうた』以来サタジット・ライの映画に馴れた日本人の目には、伝統的なミュージカル・タイプのインド映画が新鮮に映り、好評で迎えられた。貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)をベースにした、大地主の御者の活躍と恋の物語、といってしまえばそれまでだが、歌と踊りでつづられたエキゾチックなミュージカルとして関心を集めた。東京の封切で148日のロングランを記録、400万米ドルの興行収入をあげたとインドでは報じている。これをきっかけに日本では第二第三のインド・ミュージカル映画が封切られ、インド映画の海外収益に貢献したが、すでにアジアからアラブ、アフリカに広大な市場を有するインド映画界では、今後日本ばかりでなく韓国などでの市場開拓にも望みをかけている。
 『ムトゥ 踊るマハラジャ』に代表されるようなミュージカル娯楽映画に対して、いわゆるリアリズム映画はむしろ例外的だが、1990年代後半以降、サタジット・ライやシャーム・ベネガルなど限られた著名な監督の作品に混じって、新世代の若手監督の作品が、大都市の映画館では上映される機会が増えてきた。たとえば、リトゥポルノ・ゴーシュRituparno Ghosh(1962― )の『クロスファイアー』Dahan(1997)や『館(やかた)の女主人』Bariwali(1999)、デーウ・ベネガルDev Benegal(1960― )の『スプリット・ワイド・オープン 褐色の町』Split Wide Open(1999)、ナーゲーシュ・ククヌールNagesh Kukunoorの『ハイデラバード・ブルース』Hyderabad Blues(1997)などの作品である。また、2001年ベネチア国際映画祭でグランプリに選ばれたミーラー・ナイールMira Nair(1957― )の『モンスーン・ウェディング』Monsoon Wedding(2001)や、ディーパー・メータDeepa Mehta(1952― )の物議を醸した作品『炎の二人』Fire(1996)のように、海外をベースに活躍するインド人監督の作品も上映されている。
 外国映画の輸入は1995年以来緩和されたが、その影響でアメリカ映画の上陸が目だち始めた。といっても自国の映画が圧倒的に大衆に親しまれているため、外国映画のシェアはむしろ低い。インドでは外国映画の上映は字幕でなく台詞(せりふ)をヒンディー語などに吹き替える習慣だが、それでも外国語映画のヒットはまれで、興行収入ベストテンに入った洋画は1994年の『ジュラシック・パーク』1本のみという。
 統計的にみると、1990年は映画産業のピークであった。製作は948本、劇場数1万3181館、年間入場者数延べ47億9000万人を記録し、これを頂点として以後いずれの数字も下り坂であった。しかし95年あたりから多少の好転もみられ、海外収益の増加などで安定しているという。かつてのスーパースター、アミターブ・バッチャンAmitabh Bachchan(1942― )も高齢となり、後継者はまだ見当たらないというが、若さで売る俳優は多い。男優ではシャー・ルク・カーンShah Rukh Khan(1965― )、アーミル・カーンAmir Khan(1965― )やフリティク・ローシャンHrithik Roshan(1974― )など、女優ではアイシュワリヤー・ラーイAishwarya Rai(1973― 、元ミス・ワールド)、タッブーTabu(1972― )などに期待が集まっている。
 記録映画で注目されるのは、アーナンド・パトワルダンAnand Patwardhan(1950― )の活躍で、インドの現実や人々の意識を鋭くえぐった『神の名のもとに』In the Name of God(1992)などは、世界各地でも上映されて反響をよんだ。[登川直樹・松岡環]
『サタジット・レイ著、森本素世子訳『わが映画インドに始まる――世界シネマへの旅』(1993・第三文明社) ▽松岡環著『アジア・映画の都――香港-インド・ムービーロード』(1997・めこん) ▽『Cinemagic India――インド映画おもしろBOOK』(1998・アジア映画社) ▽松岡環監修『インド映画娯楽玉手箱――インド映画完全ガイドブック』(2000・キネマ旬報社) ▽周防正行著『インド待ち』(2001・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインド映画の言及

【インド】より

…書店は数が少ないうえに雑誌を置かないところが多いので,雑誌の販路としてはほとんど機能していない。 映画の普及と人気は大きい(インド映画)。人口1万人未満の田舎町にも常設館がある。…

※「インド映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インド映画の関連キーワードBollywood danceアフガンのメディア事情ラヴィ シャンカールパーシス カンバータシャー・ルク カーンマンゲーシュカルボリウッド映画大河のうたボリウッドS. レイ大樹のうた朝鮮映画遠い雷鳴

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド映画の関連情報