コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴種流離譚 キシュリュウリタン

4件 の用語解説(貴種流離譚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きしゅりゅうり‐たん〔キシユリウリ‐〕【貴種流離×譚】

説話の類型の一。若い神や貴人が、漂泊しながら試練を克服して、神となったり尊い地位を得たりするもの。大国主命(おおくにぬしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)の説話など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

貴種流離譚【きしゅりゅうりたん】

日本文学や説話の悲劇的類型で,神や年若い貴人が苦難にみちた流離の旅をする話。素戔嗚(すさのお)尊高天原追放,《万葉集》の軽皇子(かるのみこ)と軽大郎女(かるのおおいらつめ)の海辺流離譚,羽衣説話の天女やかぐや姫の地上生活,《伊勢物語》の業平東下り,《源氏物語》の光源氏須磨流謫(るたく),源為朝・義経伝説の苦難の流浪など。
→関連項目申し子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きしゅりゅうりたん【貴種流離譚】

〔折口信夫の命名〕
説話の一類型。若い神や英雄が他郷をさまよいさまざまな試練を克服し、その結果、神や尊い存在となったとするもの。在原業平ありわらのなりひらの東下り伝説、かぐや姫伝説、また、源氏物語の須磨流謫るたくの条などがこれにあたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴種流離譚
きしゅりゅうりたん

説話文学や口承文芸における重要なモチーフ。幼い神や身分高く若い主人公が、都(もしくは生まれ故郷)を離れて放浪を続け、種々の艱難辛苦(かんなんしんく)に遭遇し、動物の援助や知恵の働き、財宝の発見などによって、試練を克服して英雄となったり尊い地位につくという、説話の一類型。日本文学における伝承上の際だった主題である。たとえば少彦名神(すくなひこなのかみ)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、山幸彦(やまさちひこ)、日本武尊(やまとたけるのみこと)などの神話に登場する主人公から、『源氏物語』の須磨(すま)・明石(あかし)巻に記された光源氏の流謫(りゅうたく)の一節などがあげられよう。この説話類型の本来の形は、天上もしくは常世(とこよ)の国から人間界に訪れてきた多くの神々の来由(らいゆ)譚を語ることにあった。常世(古代日本民族が永遠の水平線のかなたに存在すると信仰した稔(みの)りと長寿の理想郷)の国から、入口のない中空のうつぼ舟に閉じこもって訪れた人(神)の話に、折口信夫(しのぶ)は「貴種流離譚」と命名した。その本格的な語りは貴人の海辺流離の物語である。『古事記』『日本書紀』『万葉集』などにみられる軽王(かるのみこ)・軽大郎女(かるのおおいらつめ)の天田振(あまたぶり)や、麻績王(あまのおおきみ)の海人歌(あまうた)というべき作品群などは、海人部(あまべ)の伝承によるものであろう。中臣宅守(なかとみのやかもり)と茅上郎女(ちがみのいらつめ)の相聞歌(そうもんか)も歴史的事実であったろうが、世人はこの類型のなかに貴種流離譚を理解したのである。海のかなたから小(ちい)さ子神の姿で漂着して国づくりを助け、粟稈(あわがら)にはじかれて常世に渡る少彦名神は、はるか異郷を旅してののちに国土を訪れ流離のすえに神の国へ帰る貴神の姿を備えたものである。『丹後国風土記(たんごのくにふどき)』逸文(いつぶん)奈具社(なぐのやしろ)の由来にちなむ天女は、羽衣を奪われこの世の苦しみを体験し食物の神に転生することを語っている。『竹取物語』のかぐや姫や『伊勢(いせ)物語』東下りの昔男のさすらいの物語にも、この系譜は引き継がれ、さらに『うつほ物語』の俊蔭(としかげ)、『義経記(ぎけいき)』の義経(よしつね)などの古代・中世の物語や語物を経て、小栗判官(おぐりはんがん)、愛護若(あいごのわか)、俊徳丸などの説経節の悲しい主人公まで、その類型は模倣され受け継がれている。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の貴種流離譚の言及

【折口信夫】より


[民俗学者として]
 信夫の学問は,以上のような創作活動と深くかかわっていて,独特な用語を駆使し,ときに飛躍のある晦渋な論文が生み出されるのはその創作者的資質によろう。独特な用語とは,例えば〈貴種流離譚〉がある。物語に出てくる主人公たちは高貴な出身であるが,身をやつして他国へさすらってゆく。…

※「貴種流離譚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貴種流離譚の関連キーワード神婚説話類型年若悲劇的一の悲劇海辺の悲劇最後の悲劇二重の悲劇二の悲劇Yの悲劇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貴種流離譚の関連情報