インノケンチウス1世(読み)インノケンチウスいっせい(英語表記)Innocentius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス1世
インノケンチウスいっせい
Innocentius I

[生]?. アルバノ
[没]417.3.12. ローマ
イタリアのカンパーニア地方,アルバノ出身の第40代教皇(在位 401~417)。聖人。教皇の首位権を主張し,その確立に尽力した。第39代教皇アナスタシウス1世の息子と考えられ,401年12月にその後継として教皇になった。追放されていたコンスタンチノープルの総大主教クリュソストモスを擁護し,404年に教会会議を招集するなど復位に努め,クリュソストモスの没後その地位を回復した。西ゴート族(→ゴート人)のアラリック1世によるローマ包囲に際しては 410年にラベンナで和平交渉にあたった。また 414年,アンチオキアの司教を承認し,三位一体をめぐり論争となっていたメレチウス派(→メレチウス)との教会分裂を収束させた。異端に対しては 417年1月にペラギウス派を断罪してその主導者ペラギウスを破門し,またドナツス派に対する勅書を出して多くの帰正者を得た。祝日は 7月28日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android