ゾシムス(英語表記)Zosimus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾシムス
Zosimus

[生]?. ギリシア
[没]418.12.26. ローマ
ギリシア出身の第41代教皇(在位 417~418)。聖人。教皇インノケンチウス1世(在位 401~417)の後継者。在位期間は短いが波乱に富み,ガリアやアフリカの教会,ペラギウス説などをめぐる論争に関与した。アルル司教をガリアの教皇代理に任命し,ナルボンヌ,マルセイユなどの司教の反発を招いた。また,ペラギウス(417年1月,インノケンチウス1世により破門)の信仰告白を受け,417年9月にアフリカの司教たちに書簡を送ってペラギウス説を軽率に否定したことを責めた。しかし翌 418年には前説を覆し,ペラギウスと弟子のケレスチウスを破門してその教義を否定した。さらに,シッカ・ベネリアの司教が破門していた聖職者アピアリウスの主張を支持し,アフリカの司教団と対立した。こうした強硬な統治に対し西ローマ帝国の首都ラベンナの宮廷に訴えた聖職者たちも,ゾシムスは破門した。祝日は 12月26日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android