インフォーマル・グループ(英語表記)informal group

世界大百科事典 第2版の解説

インフォーマル・グループ【informal group】

ある目的達成のため意識的に形成された経営体や官庁などの組織において,フォーマルな関係の内部での自生的かつ長期的関係をいう。この存在をはじめて指摘したのは,アメリカのウェスタン・エレクトリック会社のホーソーン工場で1924‐32年に行われたホーソーン実験で,作業能率・生産性と人間関係,監督のあり方と作業者の労働意欲との関係を明らかにした。フォーマルな関係が志向するのは〈能率〉であるのに対し,インフォーマルな関係は,メンバーの社会的関係,是認友情威信などの欲求充足のために形成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android