コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフォーマル・グループ informal group

世界大百科事典 第2版の解説

インフォーマル・グループ【informal group】

ある目的達成のため意識的に形成された経営体や官庁などの組織において,フォーマルな関係の内部での自生的かつ長期的関係をいう。この存在をはじめて指摘したのは,アメリカのウェスタン・エレクトリック会社のホーソーン工場で1924‐32年に行われたホーソーン実験で,作業能率・生産性と人間関係,監督のあり方と作業者の労働意欲との関係を明らかにした。フォーマルな関係が志向するのは〈能率〉であるのに対し,インフォーマルな関係は,メンバーの社会的関係,是認,友情,威信などの欲求充足のために形成される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インフォーマル・グループの関連キーワードメーヨー(George Elton Mayo)ヒューマン・リレーションズインフォーマル・グループフォーマル・グループフォーマル組織ホーソン実験集団社会学職業社会学第1次集団産業社会学クリークルーミス仲間集団小集団討議

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android