コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーミック emic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーミック
emic

エミックともいう。言語学者 K.パイクが創始したタグミーミックス (文法素理論) の用語。未知の言語・文化を分析,記述する際にとりうる研究者の視点を2つに大別し,その文化圏でのみ関与的な視点をイーミックと呼んだ。それに対し,第三者的な視点をエティック eticという。音声学 phoneticsと音素論 phonemicsの語尾がヒントとなった造語。いかなる観察も常にイーミックな視点を含んでおり,単にエティックを客観,イーミックを主観とはいえない。文化人類学では,エティックは通文化的な,イーミックは文化相対主義的な指向をもち,両方向からの研究は相補的な関係にあるといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イーミック(emic)

言語学文化人類学などで、ある現象を分析する方法の一。人々が現象をどう意識・識別しているかを内側から分析するもの。phonemic(音素論の)という語の後の部分を取って作られた言葉で、eticと対をなす。エミック。→エティック

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

イーミックの関連キーワード楽譜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android