イ音便(読み)イオンビン

デジタル大辞泉の解説

い‐おんびん【イ音便】

音便の一。語中・語尾のキ・ギ・シ、まれにはリ・テが、イになる現象。「書きて」が「書いて」、「漕(こ)ぎて」が「漕いで」、「渡して」が「渡いて」、「ござります」が「ございます」、「てまつる」が「たいまつる」になる類。平安初期に発生、以後多くなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐おんびん【イ音便】

〘名〙 音便の一つ。発音の便宜のために、おもに活用語末などの、「き」「ぎ」「し」の子音k・g・sが脱落して、「イ」の音になる現象。「書きて」が「書いて」に、「次ぎて」が「次いで」に、「殺して」が「殺いて」に、「熱き」が「熱い」に、「后(きさき)」が「きさい」になる類。まれには「ござります」が「ございます」に、「たてまつる」が「たいまつる」になるように、r・tの音にも見られる。平安時代初期に発生し、以後多くなった。現代語の形容詞「━い」は文語の形容詞の連体形「━き」のイ音便がもと。また、サ行四段の動詞の連用形は現代の共通語ではイ音便にならない。
※国語学(1891)〈関根正直〉音格「是れらの音便を、大別して四種とす。第一 伊音便〈略〉第二 宇音便」
[語誌]音便についてはすでに本居宣長の「漢字三音考」に説かれているが、「イと云音便」とし、「詩歌」を「しいか」、「四時」を「しいじ」、「家司」を「けいし」というような場合も含めている。「イ音便」という語は明治後半から広まったもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のイ音便の言及

【音便】より

…音便にはつぎの4種類がある。(1)イ音便,(2)ウ音便,(3)はね音便(撥(はつ)音便),(4)つめ音便(促音便)。動詞のうち,音便形をもつのは,四段活用とナ行変格およびラ行変格である(図)。…

※「イ音便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報