コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

促音便 ソクオンビン

デジタル大辞泉の解説

そく‐おんびん【促音便】

音便の一。主に活用語連用形の語尾の「ち」「ひ」「り」が「て」「た」「たり」などの語に連なるとき、促音「っ」となること。「待って(←待ちて)」「歌った(←歌ひた)」「売ったり(←売りたり)」の類。広義には、名詞などの語中にみられる現象についてもいう。「追手(おひて→おって)」「真白(ましろ→まっしろ)」の類。→イ音便ウ音便撥音便(はつおんびん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

促音便【そくおんびん】

音便

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そくおんびん【促音便】

音便の一。発音の便宜のために、語中で、ある音が促音に転ずる現象。活用語の連用形語尾の「ち」「ひ」「り」が、「て」「たり」などに連なるとき促音に変化する、「勝ちて→勝って」「言ひて→言って」「ありて→あって」の類。これらのほか、「をひと→をっと(夫)」「さふそく→さっそく(早速)」「やはり→やっぱり」などもある。つまる音便。 → 音便

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の促音便の言及

【音便】より

…音便にはつぎの4種類がある。(1)イ音便,(2)ウ音便,(3)はね音便(撥(はつ)音便),(4)つめ音便(促音便)。動詞のうち,音便形をもつのは,四段活用とナ行変格およびラ行変格である(図)。…

※「促音便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

促音便の関連キーワード上がったり訓点語取って撥音便行く脚韻訓点買う

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

促音便の関連情報