コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンティヌス Basilius Valentinus

2件 の用語解説(ウァレンティヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンティヌス【Basilius Valentinus】

15世紀初頭にドイツで活躍したとされる半伝説的な修道僧。生没年不詳。錬金術師,医師として有名で,初めてアンチモン医薬品として用いたと伝えられる。錬金術に関する膨大な著作が彼に帰されているが,真偽の定かでないものが多い。それらは《小宇宙と大宇宙の密儀》《アゾトまたは哲学者の曙》《錬金術の12の秘鍵》《アンチモンの凱旋戦車》などの表題を持ち,いずれも17世紀初めに刊行された。錬金術と近代化学・医学との接点に立つ人物と言えよう。

ウァレンティヌス【Valentinus】

2世紀ごろ,アレクサンドリアで生まれ,ローマで活躍したグノーシス主義の宗教哲学者。生没年不詳。ウァレンティヌス派を創立し,初期キリスト教神学に多大の影響を与えた。全宇宙は充実(プレロマplērōma)の流出からなる位階秩序をもっている。地上はその最下層の暗黒世界にすぎず,創造神は悪の力にほかならない。魂の救済とはこの世からのがれて再び充実の中へと帰ることであり,それは霊的認識(グノーシスgnōsis)によってのみ可能であると説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウァレンティヌスの言及

【アンチモン】より

…アンチモンバターの名で塩化アンチモンも医薬品として広く使用された。17世紀にテールデJohann Thöldeによって出版されたB.ウァレンティヌスの作と伝えられる《アンチモンの凱旋車》には多くのアンチモン化合物の処方が載っている。遊離金属も古くから知られ,前4000年と推定されるカルデア人の壺の破片,バビロニア時代の青銅,ティグリス川沿岸に発見された器物などの中にアンチモン合金が見いだされている。…

【錬金術】より

アルナルドゥス・デ・ウィラノウァは,14世紀のはじめにこの水を記述し,その治癒的な力を賞賛した。彼のほかに,後のパラケルススの医化学に道をひらく人文主義的な錬金術的医学思想は,B.ウァレンティヌス,ルペスキッサのヨハネスJohannesたちによって,14~15世紀に用意された。
[近代ヨーロッパ]
 徐々に蓄積された自然哲学思想の炎が,12~13世紀の〈ルネサンス〉ではかなり燃え上がったが,爆発的に燃焼したのは,何といっても真のルネサンス期といえる15~16世紀で,まずはイタリアに,錬金術,占星術,自然魔術,さらに天文学,力学,医学,文学などへの知的欲求が盛んにおこった。…

【グノーシス主義】より

…すると魂は身体を脱却し,神のもとへと帰還の旅を続けて,敵対する星辰神の領域をも通過し,やがて至高神の内に入って再び神となる。以上のようなグノーシス救済論は,ウァレンティヌス派などの場合,世界史観にもなっている。というのは,それが,神の充足の段階→充足が破れ神性が世界内に拡散・展開する段階→神性が帰還・収束して再充足がなる段階を含む正反合のドラマになっているからである。…

※「ウァレンティヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウァレンティヌスの関連キーワードアレクサンドリアアレクサンドリア図書館エラトステネスカリマコスカタリナアレキサンドリアアレクサンドリア文庫レクサンドアレクサンドル宮殿アレクサンドロフスキー宮殿

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウァレンティヌスの関連情報