コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィギリウス ウィギリウスVigilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィギリウス
Vigilius

[生]? ローマ
[没]555.6.7. シラクサ
教皇 (在位 537~555) 。教皇大使としてコンスタンチノープルに滞在中,キリスト単性説の後援者である皇后テオドラと結び,教皇シルウェリウスの追放を画策して成功,跡を襲った。皇帝ユスチニアヌス1世によりコンスタンチンノープルに召喚され,三章書論争で皇帝を支持するように圧力を受けた。抵抗の末皇帝に屈伏,一度はこれを取消したが,554年圧力により再度皇帝に屈した。彼の態度は教皇の権威をおとしめ,第1バチカン公会議では教皇不謬性に反対する人々によって,その反証とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィギリウスの関連キーワード視感度曲線大谷秀芳粕谷佳五坂田鉄平八木正純白井圭太河西りえ島田勝弘千葉誠樹新井律男