コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンザー公 ウィンザーこう Windsor, Prince Edward, duke of

6件 の用語解説(ウィンザー公の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンザー公
ウィンザーこう
Windsor, Prince Edward, duke of

[生]1894.6.23. リッチモンドパーク,ホワイトロッジ
[没]1972.5.28. パリ
イギリスの国王 (在位 1936.1.~12.) 。ビクトリア女王の孫,ジョージ5世 (在位 1917~36) の長男に生れ,1936年1月即位しエドワード8世となったが,同年南フランスに旅行,そのとき招いた友人グループの1人であったウォリス・ウォーフィールド・シンプソン夫人との結婚問題で同年 12月退位,ウィンザー公となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウィンザー‐こう【ウィンザー公】

Duke of Windsor》英国王エドワード8世の退位後の称号。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィンザー公【ウィンザーこう】

エドワード[8世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ウィンザーこう【ウィンザー公】

1894~1972) イギリス国王。1936年エドワード八世として即位したが、離婚歴のあるアメリカ人シンプソン夫人との結婚を決意し同年退位。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンザー公
うぃんざーこう
Duke of Windsor (Edward )
(1894―1972)

イギリス国王(在位1936年1~12月)。後のイギリス国王ジョージ5世の長男として生まれ、父の国王即位により、1911年皇太子となった。第一次世界大戦に従軍したのち、20年代には世界各地を歴訪し、イギリス帝国内の世論がイギリスから離反するのを防ぐため尽力した。36年父王の死去によってエドワード8世として即位。その年、アメリカ人シンプソン夫人との恋が表面化した。離婚歴をもつ夫人との結婚を国王が決意したことで国論は分裂し、王は退位して夫人との結婚を選んだ。その後はウィンザー公として、夫人とともに、主としてフランスで静かな生活を送った。[木畑洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ウィンザー公
Duke of Windsor


1894 - 1972
英国国籍。
元・英国国王。
英国国王ジョージ5世の長男、エリザベス女王の伯父で、1911年父の国王即位により皇太子となる。第一次世界大戦で従軍し、’20年代には世界を歴訪し国内世論がイギリスから離反しないよう尽力する。’36年王の死去によりエドワード8世となり即位する。しかし、同年離婚歴のあるシンプソン夫人との恋が表面化し、国論は分裂し王は退位して結婚する。その後ウィンザー公としてフランスで夫人と生活する。’40年バハマ諸島総督となり、’67年30余年ぶり夫妻が認められる。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィンザー公の言及

【エドワード[8世]】より

…戦後世界各国を歴訪し,帰国後国内を視察,上下各層と交わり社会問題に関心を示した。1936年国民の期待を集めて即位したが,離婚歴を持つアメリカ生れのシンプソン夫人との結婚を決意し,同年王位を捨て国外に退去,ウィンザー公Duke of Windsorとして彼女と結婚した。【池田 清】。…

【ジャズ】より

…黒人芸人バート・ウィリアムスは第1次世界大戦前に,王室でケークウォークを披露したし,1919年には,ジャズをヨーロッパに紹介したW.マリオン・クックの黒人バンドも,御前演奏を行っている。こうした環境のもとで,のちにエドワード8世となる皇太子ウィンザー公は,少年時代からジャズ・ドラムをたしなみ,しばしば訪英したジャズ・バンドと共演さえした。弟のヨーク公(のちのジョージ6世。…

【シンプソン夫人】より

…ウィンザー公夫人。アメリカ生れ。…

※「ウィンザー公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィンザー公の関連キーワード達智門リッチモンドリッチモンドアポンテムズチーズリッチ八問答ボス リッチオンリッチリッチモンド橋パチもんリッチモンド(区)リッチモンド,B.L.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンザー公の関連情報