コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンチェスター銃 ウィンチェスターじゅう

百科事典マイペディアの解説

ウィンチェスター銃【ウィンチェスターじゅう】

1857年以来,米国コネティカット州ニューヘブンにO.F.ウィンチェスターWinchesterの設立した銃器会社で作られているライフル銃。特にモデル73は〈西部を征服した銃〉と呼ばれるほど普及し,西部開拓史上コルト45と並んで有名。
→関連項目自動小銃

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンチェスターじゅう【ウィンチェスター銃 Winchester rifle】

南北戦争(1861‐65)後のアメリカ西部開拓民が愛用したライフル。ヨーロッパから植民地時代のアメリカに伝えられたライフルは,さまざまな改良が加えられ,南北戦争当時には各種の連発銃が出回っていた。コネティカット州ニューヘブンのウィンチェスターOliver F.Winchester(1810‐80)の工場で製造されたライフルは南北戦争でも利用されたが,弾倉を元込式にした1866年型がウィンチェスター銃の名を高めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンチェスター銃
うぃんちぇすたーじゅう
Winchester rifle

ウィンチェスターOliver F. Winchester(1810―80)が、1857年にアメリカのコネティカット州ニュー・ヘブンに設立したウィンチェスター連発銃会社でつくられた一連の銃器の名称。とくに66年に売り出した連発式ライフル銃モデル66と、これを改良し装薬量を増やしたモデル73は、コルト拳銃(けんじゅう)と並んで「西部を征服した連発銃」として名高い。その後同社は数十種類のライフル銃、散弾銃と各種弾薬を設計開発し売り出しているが、1931年に同社はウィンチェスター・ウェスタンと改称し、第二次世界大戦で、アメリカの軍用銃器製造数130万挺(ちょう)のうち80万挺を製造した。現在でも世界的に有数な銃器製造会社となっている。[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィンチェスター銃の関連キーワードシェリー ウィンタースカービン銃オーリンマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android