ライフル

世界大百科事典 第2版「ライフル」の解説

ライフル【rifle】

小銃大砲などの銃身あるいは砲身内面に施したらせん状の浅い溝をいう。ライフルは,発射薬の燃焼ガスの漏れをおさえるとともに,弾丸に回転を与えて弾道を安定させる役目をする。拳銃,小,機関銃(),空気銃,榴弾砲,加農砲などはライフルを施している。一方,砲(銃)身の筒の内面が滑らかなものを滑腔砲(銃)といい,火縄銃,散弾銃迫撃砲などのほか,最近の戦車砲などはそのようになってきている。1742年,イギリスのロビンスBenjamin Robins(1707‐51)が,《砲術の新原理》の中で弾丸に旋動を与える効果について発表し,理論的に証明していたが,アメリカ独立戦争(1776‐83)で施条小銃が使用され,その効果が実証された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のライフルの言及

【小銃】より

…近距離における対人用の個人携行火器。ライフルrifleもしくはライフル銃と通称されることがある。
[構造]
 小銃は拳銃,大砲などと同様,一端を閉じた管の中で火薬(これを発射薬という)を爆発させ,そのときに発生するガス圧で弾丸を発射させるものである。…

【小銃】より

…近距離における対人用の個人携行火器。ライフルrifleもしくはライフル銃と通称されることがある。
[構造]
 小銃は拳銃,大砲などと同様,一端を閉じた管の中で火薬(これを発射薬という)を爆発させ,そのときに発生するガス圧で弾丸を発射させるものである。…

【猟銃】より

…狩猟に使用する銃。一般には散弾銃を指していうことが多いが,ライフルも含めて総称される。いずれも乙種狩猟免許を必要とする。…

※「ライフル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android