ライフル銃(読み)ライフルじゅう(英語表記)rifle

翻訳|rifle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銃身の内部に施条した小銃類。施条の効力は,理論的にはすでに 1740年代にベンジャミン・ロビンズによって証明されていたが,実用化の努力が本格的に始まったのはナポレオン戦争からであった。19世紀半ばに,イギリスのジョゼフ・B.ホイットワースが精巧な施条銃をつくり上げ,雷管の発明と後装式小の登場により施条の効果が認められ,1860年代に軍用銃として後装式ライフル銃が確立した。イギリスのマーティニー・ヘンリー銃,フランスのシャスポ銃,ドイツのモーゼル銃アメリカ合衆国スプリングフィールド銃などが有名。日本へは,幕末に初めて後装式ライフル銃が輸入され,明治政府はスナイダー銃を選んで新軍隊に支給した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

銃身内部に旋条(らせん状の溝のことで,これをライフルという)のある銃。発射された弾丸は旋回運動を与えられ,命中精度が高まる。19世紀前半に実用化。軍用,猟用,スポーツ用に広く使用される。
→関連項目ウィンチェスター銃銃猟小銃猟銃

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銃身の銃腔(じゅうこう)内に螺旋(らせん)状の溝(ライフリング=腔綫(こうせん))を刻んだ小銃。弾丸はこの溝によって旋転が与えられて発射され、ジャイロ効果によって正しい弾道上を飛翔(ひしょう)する。18世紀中ごろから理論的に提唱されていたが、19世紀に入って実用化された。ライフリングは、火砲、機関銃をはじめ拳銃(けんじゅう)など軍用銃火器にも応用されているが、散弾銃と対比するため軍用小銃および狩猟用小銃にのみ区別されている。ライフリングは二本から十数本まであり、角度、回転方向、形状も、エンフィールド型、メトフォード型、ポリゴナル型など銃によって異なっている。

[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 銃身の内部にらせん状のみぞがきってある小銃。弾丸は回転して飛び、命中精度が高く、貫通力も強い。施条(しじょう)銃。ライフル砲。ライフル。
※内外新報‐慶応四年(1868)四月一九日「皆ライフル銃を持たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のライフル銃の言及

【小銃】より

…近距離における対人用の個人携行火器。ライフルrifleもしくはライフル銃と通称されることがある。
[構造]
 小銃は拳銃,大砲などと同様,一端を閉じた管の中で火薬(これを発射薬という)を爆発させ,そのときに発生するガス圧で弾丸を発射させるものである。…

※「ライフル銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライフル銃の関連情報