コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェサン[島] Ouessant

1件 の用語解説(ウェサン[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウェサン[島]【Ouessant】

フランス西部,ブルターニュ半島の先端沖合20kmにある小島。面積15km2。人口1450(1975)。ウェサン(古語で〈もっとも高い土地〉の意)の名のとおり,65mの絶壁に囲まれ,北大西洋海流の荒波に洗われる。周囲に暗礁が多く,しばしば深い霧につつまれ,海難の名所として知られている。島では共有の耕地で女や老人がジャガイモなどを作り,食用の羊を放牧しているが,男は船員が多い。近年,沿岸の奇岩や荒波の光景と離島の伝統的風習にひかれて,観光客がわずかながら訪れるようになり,794棟の建物のうち250棟(1975)が別荘である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウェサン[島]の関連キーワードディナンバンヌブルターニュレンヌキブロンフジェールブルターニュ大公城ブルターニュ半島ラ岬バセー・フォーブ・ド・ブルターニュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone