ウェサン[島](英語表記)Ouessant

世界大百科事典 第2版の解説

ウェサン[島]【Ouessant】

フランス西部,ブルターニュ半島の先端沖合20kmにある小島。面積15km2。人口1450(1975)。ウェサン(古語で〈もっとも高い土地〉の意)の名のとおり,65mの絶壁に囲まれ,北大西洋海流荒波に洗われる。周囲に暗礁が多く,しばしば深い霧につつまれ,海難の名所として知られている。島では共有の耕地で女や老人がジャガイモなどを作り,食用の羊を放牧しているが,男は船員が多い。近年,沿岸の奇岩や荒波の光景と離島の伝統的風習にひかれて,観光客がわずかながら訪れるようになり,794棟の建物のうち250棟(1975)が別荘である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android