コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェツラー ウェツラー Wetzlar

2件 の用語解説(ウェツラーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウェツラー(Wetzlar)

ドイツ中西部、ヘッセン州の都市。フランクフルトの北方約50キロメートルに位置し、市中をライン川の支流、ラーン川が流れる。ドイツ有数の光学機器メーカーライカ社の発祥地。1772年、ゲーテが法律を学ぶために訪れ、その時の恋を元に小説「若きウェルテルの悩み」が書かれた。ベツラーウェッツラー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェツラー
うぇつらー
Wetzlar

ドイツ中部、ヘッセン州の都市。ベツラーともいう。人口5万2600(2000)。ドイツ有数の光学機器メーカーのほか、鉄鋼、電気機械関係の工場が立地する工業都市。中世には、毛織物業のほか付近の丘陵から産出する鉄鉱石で製鉄業も栄え、12世紀に神聖ローマ帝国直轄都市になった。帝国大審院が置かれ(1693~1806)、法律実習生として滞在したゲーテの『若きウェルテルの悩み』(1774)の舞台となった。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェツラーの関連キーワードギーセンハーナウフランクフルトリンブルクエリザベート教会オッフェンバッハ聖バルトロメウス大聖堂パウルス教会ヘッセンロルシュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェツラーの関連情報