コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルコム Welkom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルコム
Welkom

南アフリカ共和国中東部,自由州中北部の金鉱都市。ブルームフォンテーン北北東約 140kmに位置。1947年,金鉱開発の中心地として建設され,自由州第 2の都市に発展。オーデンダールスラスとともに南アフリカの産金地帯の中心となりつつある。技術専門学校,研究所,空港などもある。人口 3万4158(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルコム【Welkom】

南アフリカ共和国中部,自由州(旧,オレンジ自由州)にある都市。人口18万6000(1985)。市名はアフリカーンス語で,英語のwelcomeにあたる。オレンジ自由州に第2次世界大戦後金鉱が発見されてから,それを歓迎して建設された新興都市である。鉱業地帯の商業の中心として計画的につくられ,州都ブルームフォンテーンと経済都市ヨハネスバーグの中間に特異な都市景観を見せている。【西野 照太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルコム
うぇるこむ
Welkom

南アフリカ共和国、自由州(旧オレンジ自由国州)の金鉱都市。州都ブルームフォンテーンの北約110キロメートルにある。人口20万3296(1996)。第二次世界大戦後に新たに発見された六つの金鉱山(ウェルコム、ウェスタン・ホールディングス、セント・ヘレナ、プレジデント・スタイン、プレジデント・ブラント、フリーステート・ゲダルト)によって発展した。町の広場を中核に商店、住宅街が環状に並んでいる。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウェルコムの関連キーワード自由州(南アフリカ共和国)オーデンダールスルス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェルコムの関連情報