コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルシュ菌食中毒 うぇるしゅきんしょくちゅうどく

1件 の用語解説(ウェルシュ菌食中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

うぇるしゅきんしょくちゅうどく【ウェルシュ菌食中毒】

[どんな病気か]
 ウェルシュ菌は、胞子(ほうし)をもつ嫌気性(けんきせい)の(酸素の少ないところを好む)桿菌(かんきん)で、そのA型変形菌は、100℃で30分の加熱に耐えられますから、加熱調理は、競争相手の熱に弱い細菌がいなくなるだけでなく嫌気性状態(酸素の少ない状態)になり、ウェルシュ菌の発育・増殖(ぞうしょく)に好都合になります。
 このため、前日、ウェルシュ菌に汚染された肉や魚肉を加熱調理し、翌日まで室温で放置したものを食べた際におこります。
[症状]
 摂食から発病までの潜伏期間は8~24時間で、初めはおなかがはり、おならが出て、ついで激しい腹痛と下痢(げり)がおこります。
 発熱はなく、嘔吐(おうと)もまれなのが特徴です。多くは軽症で、1~2日で回復します。
 まれですが、ウェルシュC型菌による食中毒もあります。
 潜伏期間は2~5時間で、下痢、腹痛とともに小腸の出血性壊死(しゅっけつせいえし)による粘血便(ねんけつべん)が出て、重症で死亡することもあります。
 治療は、腸炎ビブリオ食中毒(「腸炎ビブリオ食中毒」)と同じです。
[予防]
 肉、魚肉のほか、めん類や甘酒の食べ残しでこの食中毒がおこったこともあります。加熱調理したものでも、室温に放置せず、必ず冷蔵庫に保存しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ウェルシュ菌食中毒の関連キーワードウェルテル何心地ウェルシュ菌ウェルシュ・コーギーウェルシュ・コーギー・カーディガンウェルシュ・テリアウェルシュ・ポニー種 (Welsh Pony)ウェルシュ・マウンテン種 (Welsh Mountain)ウェルシュ種 (Welsh)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone