ウェルネルの法則(読み)ウェルネルのほうそく(英語表記)Verner's law

翻訳|Verner's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルネルの法則
ウェルネルのほうそく
Verner's law

デンマークの言語学者 K.A.ウェルネルが 1875年に発表した音韻法則印欧祖語のp, t, kは,語頭の場合,および祖語時代のアクセントがその直前にある場合に限ってゲルマン語でf, þ, xとなり,祖語時代のアクセントがそれ以外の位置にあった場合には,f, þ, xはさらに有声化してb, đ, g に変った,というもの。たとえば,「父」の意味のラテン語 paterギリシア語 に対応するゴート語は fadar (dは đの音) で,faþarではないが,これはアクセントがあとの音節にあったためである。ウェルネルの法則はグリムの法則を修正する法則の一つである。類似の現象は exhíbit : exhibítion,exécutive : executeなどの[ɡz]:[ks]の相違にもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルネルの法則
うぇるねるのほうそく

インド・ヨーロッパ語(印欧語)における音韻変化の特殊規則。インド・ヨーロッパ語におけるグリムJ. Grimmの法則によれば、インド・ヨーロッパ祖語の[p,t,k]はゲルマン祖語でそれぞれ[f,θ,h]に変化したことになる。ところがインド・ヨーロッパ祖語の[pt:r](父)はゲルマン祖語の[fder]に対応する。語頭の[p]→[f]はグリムの法則に合致するが、語中では[t]→[d]となり、法則に従わない。この異例はインド・ヨーロッパ語の比較言語学者の間で問題となり、音韻法則そのものの真価が疑われるようになった。1876年デンマークの言語学者カール・ウェルネルKarl Verner(1846―96)は、この異常な対応を次のように説明した。インド・ヨーロッパ語の[pt:r]はまず前期ゲルマン祖語においては、グリムの法則どおり[faθ:r]となり、語中で[t]→[θ]の変化がおこった。しかし、アクセントをもつ母音の前では無声音[θ]が有声音[d]に変わり、一時[fad:r]という形をとった。その後アクセントが前の音節に移動し、結局[fder]の語形が派生されたのである、と述べた。このように音韻変化において、アクセントの位置を考慮に入れることにより、グリムの音韻法則の正当性が証明され、「音韻法則に例外なし」という青年文法家ウェルネルの主張が裏づけられることとなった。[小泉 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android