コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルハウゼン ウェルハウゼン Wellhausen, Julius

2件 の用語解説(ウェルハウゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルハウゼン
ウェルハウゼン
Wellhausen, Julius

[生]1844.5.17. ウェストファリア
[没]1918.1.7?
ドイツオリエントおよび旧約聖書学者。ハメルンのルター派牧師の子として生れる。ゲッティンゲンで学んだのち,グライバルトで神学を教授。以後オリエント研究に方向を転じ,ハレ,ゲッティンゲン大学などで教える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルハウゼン【Julius Wellhausen】

1844‐1918
ドイツの聖書学者,オリエント学者。諸大学で教えた後,母校ゲッティンゲン大学の教授を務めた(1892‐1913)。今日の批判的旧約学の基礎のひとつとなった五書資料説を確立し,それを根拠として新約時代に至るまでのイスラエル民族史を書き改め,福音書の研究では,非メシア的な〈神の国〉の告知者としてのイエス像を取り出し,そのキリスト化の過程を指摘した。イスラム学の分野でも業績をあげた。著書《イスラエル史序説》(1883)など多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウェルハウゼンの言及

【聖書学】より

…神学は,以上の成果を基に思想の系統的叙述を行う。19世紀末,ウェルハウゼンは,文献資料を発展史観によって並べかえてイスラエル宗教史として再構成し,旧約学の祖となったが,そのころから数多く発見された資料に照らし,環境世界と旧約聖書との有機的把握を主張した宗教史学派(代表H.グンケル)が20世紀初頭より主流を成した。M.ウェーバーの《古代ユダヤ教》は社会学的構造連関を明らかにし,ラートGerhard von Rad(1901‐71)の《旧約聖書神学》と《イスラエルの知恵》は,イスラエル的思考の特質をまとめ,その後の学的討論の踏台を成した。…

※「ウェルハウゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウェルハウゼンの関連キーワードカント学派グンケルオリエンタリストトリエントオリエン太一般社団法人日本オリエント学会関根正雄前田護郎ヘルツフェルト国際オリエント学会議

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone