コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェレス Gaius Verres

世界大百科事典 第2版の解説

ウェレス【Gaius Verres】

前115ころ‐前43
共和政末ローマの政治家。官職就任中,不正蓄財を重ねた後,前73年から3年間総督としてシチリアを統治。多様な手口で全島の都市・富裕者・土地所有者を搾取した。帰任後,属州民の訴えを容れたキケロは有力門閥の妨害工作にもかかわらず彼を不当搾取罪で告発し,自らシチリアで膨大な証拠類を収集。ウェレスは第1次公判後敗訴を認めてマッシリアに退去した(前70)。キケロの弁論は第2次公判用も含めて全巻現存し,属州機構,シチリア社会に関する基本史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェレス
うぇれす
Gaius Verres
(前115ころ―前43)

ローマ共和政末期の政治家。父の代からの元老院議員。紀元前84年にコンスル(統領)カルボーの部下の財務官、前80年にキリキア総督ドラベラの副官、前74年に法務官などを歴任。前73年から前71年まで法務官代理官の資格でシチリアの総督となったが、職権を乱用してシチリア住民を搾取したとして、前70年に雄弁家キケロによりローマの「不法取得返還請求のための常設法廷」で弾劾された。裁判なかばにして自己の有罪を認め、マッサリア(現マルセイユ)に亡命、ここで余生を過ごした。このときのキケロの弾劾演説が現存するが、当時のシチリアの状況およびローマの海外支配を知る重要史料となっている。[吉村忠典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウェレスの関連キーワードグラブリオベルク

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android