コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウガリト語 ウガリトご Ugaritic language

3件 の用語解説(ウガリト語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウガリト語
ウガリトご
Ugaritic language

前 13世紀頃まで,現在のシリア北部にあたるウガリト王国で話されていた言語。セム語族に属し,カナン語アラム語とともに北西セム語に分類されるが,そのなかでの位置については定説がない。 1929年に古代のウガリト王国のあったシリア海岸のラスシャムラで発見された土板によって知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウガリトご【ウガリト語】

紀元前一四~一三世紀の粘土板に楔形くさびがた文字で書かれたセム語族の言語。キプロス島の東部、ラス-シャムラの麓にある古代都市ウガリトの遺跡から出土。比較言語学上の定説はまだない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウガリト語
うがりとご
Ugaritic

紀元前15~前13世紀ごろに、現在のシリアの周辺で話されていたと考えられる言語。セム語族に属する。1929年以降シリアの地中海岸地方のラス・シャムラで発掘された粘土板に、一種の楔形子音(くさびがたしいん)文字で記されている言語である。セム語族のなかでは、フェニキア語やヘブライ語とともに、その北西セム語派のうちのカナン語群に属するとされている。現在ある程度研究も進み、ヘブライ語との比較が重視されている。[湯川恭敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウガリト語の関連キーワードアッシリア語ミタンニアマサスクレモナ大聖堂叙利亜ブステルマディーフウバールハツォールシリア修道院

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone