コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウガリト語 ウガリトごUgaritic language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウガリト語
ウガリトご
Ugaritic language

前 13世紀頃まで,現在のシリア北部にあたるウガリト王国で話されていた言語。セム語族に属し,カナン語アラム語とともに北西セム語に分類されるが,そのなかでの位置については定説がない。 1929年に古代のウガリト王国のあったシリア海岸のラスシャムラで発見された土板によって知られている。楔形文字で書かれたこれらの土板は叙事詩を多く含み,旧約聖書やホメロスの文学に新たな光を投げかけている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウガリトご【ウガリト語】

紀元前一四~一三世紀の粘土板に楔形くさびがた文字で書かれたセム語族の言語。キプロス島の東部、ラス-シャムラの麓にある古代都市ウガリトの遺跡から出土。比較言語学上の定説はまだない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウガリト語
うがりとご
Ugaritic

紀元前15~前13世紀ごろに、現在のシリアの周辺で話されていたと考えられる言語。セム語族に属する。1929年以降シリアの地中海岸地方のラス・シャムラで発掘された粘土板に、一種の楔形子音(くさびがたしいん)文字で記されている言語である。セム語族のなかでは、フェニキア語やヘブライ語とともに、その北西セム語派のうちのカナン語群に属するとされている。現在ある程度研究も進み、ヘブライ語との比較が重視されている。[湯川恭敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウガリト語の関連キーワードハム・セム語族カナーン語キプロス島ヘブライ語シリア史セム諸語アラブ出土死語エル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android