コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウジジ ウジジ Ujiji

4件 の用語解説(ウジジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウジジ
ウジジ
Ujiji

タンザニア西部の港町。キゴーマ南東約 20km,タンガニーカ湖東岸に位置。 19世紀中頃,キゴーマとともにアラブ人による奴隷貿易の一中心地。 1871年中部アフリカを探検中の D.リビングストンと彼を捜しに出かけた H.スタンレーがこの地で遭遇した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウジジ(Ujiji)

タンザニア西部の町。タンガニーカ湖東岸、キゴマの南約10キロメートルに位置する。インド洋岸と内陸部を結ぶ隊商路の中継地であり、19世紀半ばにアラブ人の奴隷貿易の拠点が置かれた。1871年、探検家スタンリーが、行方不明だったリビングストンを発見した地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウジジ【Ujiji】

アフリカ東部,タンザニアの内陸にあるタンガニーカ湖畔の町。かつてザンジバル根拠地として奴隷狩りのために侵略してきたアラブは,ここを内陸の拠点とした。探検家のR.バートンスピークが1858年にここでタンガニーカ湖を発見し,H.スタンリーが消息を絶っていたリビングストンと71年にこの地で対面したことで知られる。現在はキゴマ市に併合されている。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウジジ
うじじ
Ujiji

アフリカ南東部、タンザニア西部のタンガニーカ湖に面する都市。人口約1万2000。19世紀前半に、インド洋岸のザンジバルからニャムエジを経てコンゴに至るキャラバン交易の中継地として開けた。内陸地方におけるイスラム教の中心地であり、スワヒリ文化が栄えている。近くのキゴマとともにタンガニーカ湖の漁業基地である。1871年探検家スタンリーが、行方不明のリビングストンと出会った地点として知られる。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウジジの関連キーワードEACウケレウェ島ザンジバルタンガニーカタンガニーカ湖タンザニアタンザン鉄道東アフリカ共同体タンザナイトアザニアフロントルーテル教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone