ウジュン-クロン国立公園(読み)ウジュンクロンこくりつこうえん

世界遺産詳解の解説

ウジュンクロンこくりつこうえん【ウジュン-クロン国立公園】

1991年に登録された世界遺産(自然遺産)で、ジャワ島西部のウジュン・クロン半島、クラカトア火山、周辺の島々からなる、インドネシアで最初の国立公園。面積は海域を含め1229km2。低地熱帯雨林帯に属し、熱帯性植物、野生生物に富み、絶滅の危機にあるジャワサイをはじめ、バンテン(野生牛)、インドクジャク、カニクイザルなど、貴重な動植物も生息する。◇英名はUjung Kulon National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android