コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワサイ ジャワサイ Rhinoceros sondaicus; Javan rhinoceros

2件 の用語解説(ジャワサイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャワサイ
ジャワサイ
Rhinoceros sondaicus; Javan rhinoceros

奇蹄目サイ科。体高 1.5~1.6m。インドサイに似るがやや小型で,肩部分の皮膚の鎧 (よろい) 状のひだが左右連続し,鼻の上には長さ 14cmほどの角がある。かつてはビルマ (ミャンマー) ,タイ,マレー半島スマトラ島ジャワ島などに広く分布していたが,現在ではジャワ島の一部に分布するのみで,その数も少く,絶滅に瀕しており,国際保護動物に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャワサイ
じゃわさい
Javan rhinoceros
[学]Rhinoceros sondaicus

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科の動物。インドサイに体形は似ているが、体高約1.75メートルと小形。ジャワ島のウジュン・クロン国立公園に50~60頭、ベトナムのキャット・ティエン国立公園に10頭以下の生存が知られている(2002)。絶滅がもっとも心配されている大形獣。[祖谷勝紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジャワサイの言及

【サイ(犀)】より

…かつてはインドからネパールにかけての広大な地域に分布したが,現在はインドのアッサム,ベンガル地方の一部の森林に約900頭が生息するのみ。ジャワサイR.sondaicusは,インドサイによく似た鎧状の皮膚をもつが,ずっと小型で,体長2.5~2.8m。かつてはインドの一部からミャンマー,タイ,カンボジア,ベトナムなどに広く分布したが,現在はジャワ西端のウジュンクロン保護区の森林の湿地に41~52頭が生き残るのみ。…

※「ジャワサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャワサイの関連キーワード奇蹄類バルキテリウムアウトサイド黒犀ジャワ犀白犀サイ(犀)クアッガ奇蹄目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone