カニクイザル(英語表記)Macaca irus; crab-eating macaque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニクイザル
Macaca irus; crab-eating macaque

霊長目オナガザル科。体長約 50cm,尾長約 50cm。体色黄褐色。体はがんじょうで,頭頂には短い毛冠がある。 10~50頭の群れをつくって低地林にすむが,水辺にもみられる。カニ,貝類果実などを食べる。東南アジアに分布し,日本には実験用,愛玩用として多く輸入される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニクイザル
かにくいざる / 蟹食猿
crab-eating monkey
[学]Macaca fascicularis

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。インドシナ半島南部、マレー半島、およびスラウェシ(セレベス)島を除く東南アジアの島々に分布する。体長40~65センチメートル、尾長45~65センチメートル、体重4~8キログラムで、体毛や顔の色には地方差が著しい。海岸近くの低地林を好み、とくにマングローブ林に多くすむ。木の実や葉など植物性食物を中心に、昆虫、カニ、クモなども食べる。20~70頭の複雄群をつくり、雄の間には直線的な順位がある。飼育下の群れでは、雄の間の順位の変動に伴い新たに第1位についた雄が、新生子をかみ殺すという例が知られている。ポリオワクチンの製造などのほか、医学の実験動物としてよく用いられる。[川中健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カニクイザルの関連情報