コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクイザル カニクイザル Macaca irus; crab-eating macaque

2件 の用語解説(カニクイザルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニクイザル
カニクイザル
Macaca irus; crab-eating macaque

霊長目オナガザル科。体長約 50cm,尾長約 50cm。体色は黄褐色。体はがんじょうで,頭頂には短い毛冠がある。 10~50頭の群れをつくって低地林にすむが,水辺にもみられる。カニ,貝類,果実などを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニクイザル
かにくいざる / 蟹食猿
crab-eating monkey
[学]Macaca fascicularis

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。インドシナ半島南部、マレー半島、およびスラウェシ(セレベス)島を除く東南アジアの島々に分布する。体長40~65センチメートル、尾長45~65センチメートル、体重4~8キログラムで、体毛や顔の色には地方差が著しい。海岸近くの低地林を好み、とくにマングローブ林に多くすむ。木の実や葉など植物性食物を中心に、昆虫、カニ、クモなども食べる。20~70頭の複雄群をつくり、雄の間には直線的な順位がある。飼育下の群れでは、雄の間の順位の変動に伴い新たに第1位についた雄が、新生子をかみ殺すという例が知られている。ポリオワクチンの製造などのほか、医学の実験動物としてよく用いられる。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニクイザルの関連キーワードオナガザル旧世界ザル尾長猿絹猿グエノン台湾猿手長猿豚尾猿テナガザル(手長猿)オナガザル科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カニクイザルの関連情報