コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウズラのたまご

食の医学館の解説

ウズラのたまご

《栄養と働き》


 1個8~10gと、鶏卵にくらべてふた回りほど小さいウズラのたまごですが、栄養的には鶏卵以上のものがあります。
○栄養成分としての働き
 たんぱく質や脂質の含有量は、同量摂取すればほぼ同等。鉄、ビタミンAの一種レチノール、ビタミンB2などは、鶏卵よりかなり多く含まれています。
 そのため、貧血、冷え症、虚弱体質、かぜ、肌荒れなどに役立ちます。
 料理法としては、その小ささを利用して、お弁当の添えもの、そばや丼(どんぶり)ものの薬味をはじめ、串揚げ、八宝菜(はっぽうさい)の具などによく使われます。
 なお、ウズラのたまごは卵隔膜(らんかくまく)が丈夫なので、ふつうに殻(から)を割ると中身がうまくでません。生で使うときは、尖ったほうの先端をハサミで切るとじょうずに取り出せます。
 非常に保存性が高く、20度前後の室内で約2か月、冷蔵庫なら3か月程度、良好な品質を保てます。
 ただし、鶏卵より店頭での回転率が低いので、購入の際は出荷年月日に注意。
○注意すべきこと
 コレステロールの含有量も鶏卵以上なので、食べすぎは禁物です。

出典|小学館食の医学館について | 情報

ウズラのたまごの関連キーワード消化のよい食品・料理リスト皮蛋、烏骨鶏卵ビタミンB2ビタミンA

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウズラのたまごの関連情報