コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウダイカンバ うだいかんば

1件 の用語解説(ウダイカンバの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウダイカンバ
うだいかんば
[学]Betula maximowicziana Regel

カバノキ科の落葉高木で、高さ30メートルにも達する大木。樹皮は灰白色で横長の皮目がある。小枝は暗赤褐色で光沢がある。葉は長枝では互生し、短枝では2枚ずつつき、卵形で大きく、8~15センチメートルあり、基部は心臓形で、縁(へり)には鋸歯(きょし)がある。雌雄同株で、雄花序は前年の秋から長枝の先に現れ、早春に開いて下垂する。雌花序は短枝の先に3、4個つく。堅果は小さく、広い翼がある。山地の谷筋や斜面の肥沃(ひよく)で適潤な地に生え、しばしば純林をつくる。中部地方以北の本州、北海道に分布する。材は緻密(ちみつ)で美しく、家具、建築内装材、床板材など広く用いる。名は鵜飼(うかい)のときの松明(たいまつ)に使ったので鵜松明樺(うたいまつかんば)の略であるという。サイハダカンバともいう。[菊沢喜八郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウダイカンバの言及

【シラカバ(白樺)】より

…枝は紫褐色で果穂は直立する。ウダイカンバB.maximowicziana Regelは肥沃な山の斜面に生え大木となる。樹皮を鵜飼いの松明に用いる。…

※「ウダイカンバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone