コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワフグ Triodon macropterus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチワフグ
Triodon macropterus

フグ目ウチワフグ科の海水魚全長 50cm。体はやや側扁し,骨質の小さな板状鱗で覆われる。腹部は著しく大きく,側扁する。歯は癒合して状となり,上嘴は中央に 1縫合があるが,下嘴にはない。体は褐色で,腹側に大きな黒色紋が 1個ある。カワハギ類とフグ類の中間的特徴をもつ。南日本インド・西太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワフグ【Triodon bursarius】

フグ目ウチワフグ科の海水魚(イラスト)。相模湾以南,インド洋東アフリカの熱帯域に分布。体はやや側扁し,小さい骨質の板状のうろこで覆われている。腹部は大きく垂下しており,その内部は袋になっているにもかかわらず,食道や胃と通じていないから,水や空気を取り入れて膨らますことはない。ウチワフグ(団扇河豚)の名はその形に由来する。歯は上あごに2枚,下あごに1枚あるがくっついてくちばし状になる。これもふつうのフグ類と著しく異なる点である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチワフグ
うちわふぐ / 団扇河豚
[学]Triodon macropterus

硬骨魚綱フグ目ウチワフグ科に属する海水魚。インド洋と太平洋の熱帯域に広く分布する。体は側扁(そくへん)し、腹部が団扇(うちわ)のように下方に拡張しているのが名前の由来。両あごの歯は癒合して嘴(くちばし)状になり、上あごに2枚、下あごに1枚の歯がある。体色は黄色で腹部に黒色の眼状斑(がんじょうはん)がある。全長30センチメートルに達する。本種は、フグ亜目とモンガラカワハギ亜目を結ぶ中間的な特徴を備えている。沖合いの深所に生息し、一本釣りで漁獲される。沖縄の漁師は食用にするが、市場価値はほとんどない。[松浦啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウチワフグの関連キーワード毒魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android