コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウポル島 ウポルとうUpolu Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウポル島
ウポルとう
Upolu Island

南太平洋,サモア第2の火山島で,同国の経済中心地。コプラカカオ,コーヒー,バナナ,タロイモを産し,ウシ,ブタを飼育。北岸に首都アピアがあり,人口も集中している。面積 1114km2。人口 11万 2288 (1986推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウポル‐とう〔‐タウ〕【ウポル島】

Upolu》南太平洋、サモア諸島の島。サバイイ島とともにサモア独立国(旧西サモア)を形成。北岸に首都アピア西端にファレオロ国際空港がある。火山性の島で、中央部に火山脈が東西に走る。最高峰フィト山(標高1100メートル)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウポル島
うぽるとう
Upolu

南太平洋、サモア諸島の島。1899年に西経171度線でサモア諸島が東西に二分されたのちは、サバイイ島とともにサモアを形成する。東西74キロメートル、南北24キロメートル、面積1118平方キロメートル。アポリマ島とマノノ島を含めた人口12万3000(2003推計)。島の北岸のアピアはサモアの首都。ドイツ支配時代に開かれたカカオのプランテーションが同国の財政の基礎となったほか、コプラ、バナナを産出。島の中央を火山脈が東西に走り、最高峰フィトFito山(1100メートル)とタフア・ウポルTafua Upolu山(667メートル)が有名である。標高600メートルのラノトLanoto湖やファレファFalefa滝、レファツLefatu岬、レファガLefaga湾など、景勝の地が多い。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウポル島の関連キーワードスティーブンソン(Robert Louis Stevenson)リターントゥパラダイスビーチパロロディープ海洋保護区アレイパタ海洋保護区オレプププレ国立公園スチーブンソンラロマヌビーチムリヌウ半島サモア問題サレロロガバイリマ南太平洋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android