コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミナナフシ ウミナナフシParanthura japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミナナフシ
Paranthura japonica

軟甲綱等脚目ウミナナフシ科 Anthuridae。体長 1cm内外。体は細長い円筒形。頭部,第1~7胸節は比較的大きいが,第1~5腹節は側部を残して融合し,1胸節分の長さしかない。北海道から九州まで,沿岸の石の下や海藻の根もとにみられる。ウミナナフシ科は潮間帯から水深 2000m以深の深海にまですみ,体長 2~3mmという微小種も多い。(→甲殻類節足動物等脚類軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウミナナフシ【Paranthura japonica】

磯の海岸線付近の石の下や海藻の間などにすみ,短い7対の胸脚をもつ,一見昆虫のナナフシのように見える細い筒状の体をした小型甲殻類の1種(イラスト)。等脚目ウミナナフシ科。北海道以南,九州までの沿岸にふつう見られる。体長6~12mmくらい。体は淡黄色,褐色の不規則な斑紋があり,頭部は小さく,前側角に比較的大きな複眼がある。第1,2触角は短小。口器は吸い形をしている。第1~6の各胸節は,第7胸節と第1~5腹節とを合わせたもの,ならびに腹尾節とほぼ同大同長に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウミナナフシの関連キーワード甲類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android