コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヒルモ

2件 の用語解説(ウミヒルモの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ウミヒルモ

からだは1〜2cm程度の楕円形の薄い葉と,細い柄,円柱状の地下茎からなる。地下茎は砂の中を匍匐し,一定の間隔 で節があり,各節から根と2枚の葉を出す。葉は楕円形〜紡錘形をしており,中肋と葉脈が確認できる。葉は薄くぺらぺらとしており,手触り柔らかい。花は 7月〜8月頃に咲く。属名のHalophilaは女性名詞で,ギリシャ語の「hals(塩)+philos(好む)」に由来している。種小名「ovalis」は「広楕円形の」の意味で,葉の特徴にちなんでいる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミヒルモ
うみひるも / 海蛭藻
[学]Halophila ovalis (R. Br.) Hook. f.

トチカガミ科の沈水性常緑多年生海草。茎は繊細で長く水底をはい、節から長楕円(ちょうだえん)形で先が円く、長さ1.0~2.5センチメートル、幅0.6~1.5センチメートルの葉を2枚出す。花期は7~8月。普通は雌雄同株、単性花で雄花は柄(え)があり、萼片(がくへん)は3枚、花弁はない。雌花は柄がなく、2枚の包葉があり、球形の果実をつける。本州の中部地方以西沿岸の浅い海底の砂地に自生。名は海産のヒルムシロの意味。別名は葉形からウミコバンという。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウミヒルモの言及

【トチカガミ】より

…受粉の方式は水中での生活に適応して多様である。虫媒によるもの(トチカガミ,ミズオオバコなど)のほかに,小さい雄花の花柄が切れて水面を流れ,大きな雌花の柱頭につくもの(セキショウモ,ウミショウブ,コカナダモなど),花粉が粘液でつながり数珠状となって水面を流れるもの(ウミヒルモ,リュウキュウスガモ)などがある。 この科に最も近縁なのはハナイ科で,子房上位で完全な離生心皮をもつ点だけが異なる。…

※「ウミヒルモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミヒルモの関連キーワード薄刃分度器都草山萩広楕円形跋扈柳南方さび病(トウモロコシ)疑似葉腐病(ノシバ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウミヒルモの関連情報