コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラギンヒョウモン

百科事典マイペディアの解説

ウラギンヒョウモン

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張6.5cm内外,後翅裏面に銀紋が多い。幼虫はスミレ類を食べ,成虫は年1回,初夏に現れる。幼虫で越冬。日本全土,朝鮮,中国,シベリアからヨーロッパに分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラギンヒョウモン
うらぎんひょうもん / 裏銀豹紋蝶
high brown fritillary
[学]Fabricina adippe

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道より九州に分布し、山地の草原に普通にみられる。暖地の平地の草原には、産する場合でも少ない。国外では朝鮮半島、中国東北部よりヨーロッパにかけてユーラシア大陸の北部に広く分布する。はねの開張60~65ミリメートル程度で表面は橙(だいだい)色、多数の黒点があり、和名の「ヒョウモン」はこの色調の特徴による。後ろばねの裏面には多くの銀白色の斑紋(はんもん)があり、「ウラギン」の名はこの特徴による。1年に1回発生し、暖地では5月上旬から6月上旬に出現する。真夏の高温期には夏眠して姿を潜めるが、秋になればふたたび現れる。寒冷地では6月下旬から7月上旬より出現し、夏眠の現象はみられない。幼虫の食草はスミレ類のほか、タデ科のクリンユキフデなども食べる。越冬態は卵あるいは1齢幼虫といわれている。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウラギンヒョウモンの言及

【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】より

…形態,生活史ともよく似ている。日本には大型(開張は最小6cm,最大8cm程度)のものはミドリヒョウモン,メスグロヒョウモン,クモガタヒョウモン,ウラギンヒョウモン,オオウラギンヒョウモン,ウラギンスジヒョウモン,オオウラギンスジヒョウモン,ギンボシヒョウモン,ツマグロヒョウモンの9種が見られる。生息地はすべて山の草原または森林周辺の明るいところで,成虫は花に集まる。…

※「ウラギンヒョウモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラギンヒョウモンの関連キーワードオオウラギンヒョウモンメスグロヒョウモン白水暖地綾上

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android