コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロノキ white beam

2件 の用語解説(ウラジロノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジロノキ【white beam】

バラ科の落葉高木で,山地に生じ,葉の裏面がいちじるしく白くみえるので,この名がある(イラスト)。樹皮は黒褐色。葉は互生して,広楕円形から卵円形,ふちにまばらな鋸歯があり,葉の表は緑色で軟毛があり,裏面には白い綿毛が密に生えている。花は5,6月ごろ,短い枝に集まって咲く。花弁は5枚で白く,先は円く,開くとそりかえる。果実は楕円形で,長さは約1cm,秋に赤く熟する。本州,四国,九州に分布。これといった利用はされていないが,果実は食べられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジロノキ
うらじろのき / 裏白木
[学]Sorbus japonica Hedl.

バラ科の落葉高木。高さ15メートルにもなる。若枝には白綿毛があるが、古枝は紫褐色で、皮目が点在する。葉は互生し、広楕円(こうだえん)形ないし倒卵形、長さ6~12センチメートル、側脈は7~11対(つい)である。裏面が白綿毛を密生し白いのでこの名がある。5~6月ごろ、新枝の先と葉腋(ようえき)に、径1~1.5センチメートルの白色の5弁花を散房状につける。果実は秋に紅熟し、長楕円形で長さ1センチメートル、皮目があり、食べられる。本州、四国、九州の山地に広く分布する。二次林によくみられるが、極相林内にも生える。材は薪炭材、器具材として使用されるほか、庭園に植栽もされる。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラジロノキの関連キーワード赤四手曙躑躅小豆梨裏白樺裏白の木白雲木山梨塩地セイヨウナシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone